会津城イメージ1
会津城イメージ1
トップページへ移動 コープあいづについてへ移動 商品の広場へ移動 事業の広場へ移動 活動の広場へ移動 サイトマップへ移動 リンクへ移動 お問合せ
コープあいづトップページへ移動 ウェブ広報

今年は“辰年”。長床で有名な喜多方市慶徳町・新宮熊野大社には、大鳥居をくぐった先の水屋に青銅の龍が鎮座し、参拝者を迎えます。
龍は干支に動物が当てはめられた際、唯一採用された伝説上の生物。日本には様々な文化と共に中国から伝来し、元々あった蛇神信仰と融合しました。古来より龍は水の神として各地で人々の信仰の対象となっています。

お問合わせは…新宮地区重要文化財保存会0241−23−0775

ページトップへ↑
特集

協同と連帯の輪が「くらし」と「地域」に大きく広がる年になることを願います

コープあいづ理事長 荒井信夫
組合員の皆様、昨年は本当にお世話になりました。新年はどのように迎えられたでしょうか?2011年は日本人にとって決して忘れることの出来ない年でありました。1000年に一度という巨大地震、巨大津波が東北・北関東を襲いました。死者15,840人、行方不明者3,529人(12月6日時点)という大惨事となりました。この惨事を更に深刻にしているのが原発事故です。今まで経験してきたこととは全く異質のこの大問題ですが震災から10ヶ月経った今も政府はこの問題をどう考えどう向うのか明確な方針を出していないことが最大の問題です。

今何よりも大事なことは、原子炉の状況と放射能汚染の実態を全国民に知らせることだと思います。伝えるためには徹底的な調査がいずれも欠かせません。大気汚染はもとより、土壌汚染、海洋汚染の状況をもっと細かく徹底的に調査し、その上で汚染の度合いごとに農作物の作付け計画、あるいは漁獲場所、魚種ごとの計画を作る。そして出荷段階での放射能検査をもっと丁寧に行う体制を国が責任を持って作り実行する。その上で消費地点での自主検査等が広がっていくような環境を作っていくという一連のことを政府の責任で実施することです。

昨年私はこの年始の挨拶で2012年は国連が定める「国際協同組合年」であると申しました。日本では生協、漁協、農協、森林組合など12団体が国際協同組合(ICA)に加盟しています。今日協同組合が取り上げられた背景について、大震災と原発事故を受けて改めて考えてみました。
大震災、原発事故が教えたことは、市場万能主義に基づく利潤追求、リストラなどによる失業の増大、労働環境の悪化、経済的格差の拡大、生活苦の増大をもたらした真の原因が、今また震災からの復旧、復興に大きな障害となって現れているということです。それは格差を埋めるどころか一層拡大する政治や社会のあり方にあると思います。

日本の大企業の内部留保は200兆円とも300兆円あるともといわれており、これらの一部は世界金融危機の原因を作ったマネーゲームに流れていたとされています。この内部留保の十分の一でもあれば復旧、復興の経済問題は大きく解決するのですが、政府は所得税増税をする一方で法人税の減税を進めており復興の財源確保は見えていません。更に社会保障と税の一体化と称して消費税の増税や年金の給付の削減に突き進んでいます。こうした動きにストップをかけ一人一人が大事される、あるいは大事にしあう社会の実現が求められると思います。

2008年秋のリーマンショック以降、金融工学などの世界が虚構であることが暴露されました。それにより世界と日本で多くの人がより真実なこと、確かなことを求めるようになり、先の震災以降「絆」が2011年の国民的な言葉になったことに象徴されるように、確かなものとはいつもいる家族であり友達であり地域の結びつき、寄り添い、たすけ合いの中にあると思うようになりました。「競争」「成長戦略」という考えから共生、協同、連帯をもっと重視するという動きが日本、世界でも起きてきています。今回の大震災、原発事故からの立ち直りはこうした方向にこそあると確信します。

事業の面でも組合員のくらしの防衛を更に高めていかなければなりません。一人一人の組合員のそれぞれのくらしにコープあいづの事業はそれらを支える基盤でありたいものです。店舗、宅配(共同購入)、たすけあい(共済)、様々な組合員自身の地域での活動は全体として繋がっております。今後は事業間ネットワーク、事業と運動のネットワーク、地域のネットワークづくりが求められると思います。

震災後、私たちには復興という新たな使命が付け加えられました。コープあいづの事業と運動を元気に前へ進めるためにもこれまで以上の組合員一人一人の力をお貸しくださることをお願いしまして念頭のご挨拶といたします。今年もよろしくお願いします。

辰年は私たちの年!

2012年の年男・年女の皆さんが1年の抱負を語りました!

○ 渡部亜佳李さん 今年12才(会津美里町) 
私は、去年楢葉町から会津美里町に来ました。初めは不安なことばかりでしたが、友だちや町の人がとても優しく、親切にしてくれるので、今ではこの町が大好きです。私も、人に優しく親切を目標に今年1年を良い年で過ごせる様に頑張りたいです。
 

○ 黒石詩織さん 今年24才(会津美里町)
社会人になり4年目となる今年は年女ということで、辰(龍)について調べました。辰年生まれの人は正義感があり信頼され、知識欲旺盛で冒険や夢を追いかけるなど、スケールの大きい個性豊かな性格なんだそうです。今年は、色々なことにチャレンジすると共に、辰年生まれとして正義感を持って何事にも取り組んで行きたいです。
 

○ 横澤志津恵さん 今年36才(会津若松市・北会津町)
月日が立つのも早いもので、気が付けば3度目の年女です。36年間会津を出て生活したことが無いので、世間知らずだと思います。でも、会津を出たいと思った事も無いのです。昨年の震災で福島県は多くの被害を受け、様々な出来事があり、中傷や風評被害を悲しく思うことが多々ありました。それでも会津を離れたいとは思いませんし、子どもたちにもずっと会津が好きであってほしいと願います。
  

○ 佐藤 裕子さん 今年48才(会津若松市)
○ 馬場 貴恵さん 今年 〃 (  〃  )
○ 鈴木佐有美さん 今年 〃 (  〃  )
コープあいづ共同購入 商品管理室の仲良し同級生3人組です。商品のセットを担当しています。いつも笑顔を絶やさず、皆で肉体的、精神的、経済的?に支え合って頑張っています。今年こそは明るい一年になればいいね!と3人で話し合っています。共同購入センターに来られた際には、お気軽に声を掛けて下さいね!

○ 齊藤栄一さん 今年60才(会津若松市)あいづ接骨治療院 院長
昨年は福島県から日本全国、世界に影響した原発事故の放射能汚染、それによる食品の安全性と子どもの将来に赤信号がともる大変な一年となりました。毎日の生活の中で放射線を避けるにはどの様にしたら良いのか本当に考えさせられました。
5月から6月には浜通りから強制的に避難された患者さんが来院し、様々な体調不良による障害を訴えられておりましたが、現在はかなり落ち着かれた様です。しかし、未だ帰る故郷の無い人々に精神的な負担となっていると感じています。今年は柔道整復師として、可能な限り患者さんの更なる健康管理に協力し、復興の手助けとなるよう進んで行きたいと思います。

○ 大堀郷子さん 今年72才(喜多方市塩川町)塩川地域エリアサポーター
何回目かの年女かわからなくなる程の年齢を重ねてきました。確か6回目。私の生協活動は約20年。手探りで過ごして参りました。昨年は最悪の3月11日の震災がありました。今年は「たつ」の如く、最高の復興と生協が天に昇るが如き発展をされますよう、新年にあたり願をかけたいと思います。

○ 三林芳男さん 今年84才(喜多方市)
私には写真の趣味があり、毎年一つのテーマを決めて写真を撮り続けています。今年のテーマは「花」です。四季折々の鑑賞のための花でなく、山野草や路傍の花など、人目に触れることも少なく、厳しい風雪に耐え、楚々として生きている可憐な花たち。これらの花と対話し、レンズを向けている時は至福の至りです。
七度目の辰年の今年は、会津伝統野菜、中でも、館岩蕪・立川牛蒡などの花に目を向けたいと思っています。

ページトップへ↑

お知らせ

○「コープあいづ臨時総代集会開催」

11月13日(金)共同購入センター 大会議室
  コープあいづの上半期の活動報告・決算報告、監査報告が行われました。参加された総代さんからはTPP問題などについての意見も出され、活発な論議が行われました。
  また、熊谷前理事長による「ベラルーシ・ウクライナ福島調査団」“チェルノブイリ報告”も行われました。

<喜多方地域・塩川地域から選出された議長さん>

<報告する熊谷前理事長>

○“絆で復興!!ふくしまSTYLE”〜災害からの復興と協同組合の役割

12月8日(木)パルセいいざかに於いて「2012年国際協同組合年福島県実行委員会設立総会」が開催され、コープあいづから28名が参加しました。
講演@「原子力災害が福島県農業・農村に与えた影響」福島大学准教授 小山良太氏
講演A「協同組合は東京電力原発事故をどう捉えるべきか」日本大学准教授 高橋巌氏
講演B「漁村・漁協への影響と復興の課題」東京海洋大学准教授 濱田武士氏
緊急講演「災害からの復興と協同組合の役割」経済評論家 内橋克人氏
緊急報告「ベラルーシ・ウクライナとフクシマ」クズネツォーワ・マリーナ氏 福島大学准教授
以上の公演のあと、国際協同組合年福島県実行委員会設立報告を行い、閉会しました。

● 今月号のクイズ ●

今年は辰年ですが、来年は何年でしょうか?  
@巳年 A午年 B未年
「1月号の答え」と明記し、正解を選んでハガキに生協の商品や記事についての感想などをご記入の上、下記の住所までお送り下さい。抽選の上、当選者へは粗品を進呈いたします。

12月号の答えは…
@ワンウエイ方式でした。

あて先
〒966−0818 喜多方市字二丁目4669−2 生活協同組合コープあいづ広報委員会
TEL 0241−22−1041 FAX 0241−24−3504
〆切日 〜1月20日まで

 

編集後記

昨年は、地震、津波、原発事故による放射能汚染と会津方部を襲った水害と次から次へと暗い事ばかりでした。今年は一つでもいいから良い事がある様に、また、皆様方には健康で1年を過ごせます様にお祈りいたします。さて、私たち広報委員会一同は、力を合わせ今まで以上に親しまれ、読みやすい「コープあいづ」を作ってゆきたいと思いますので、ご声援ご協力をよろしくお願い致します。

<K.N>

ページトップへ↑
TOPAbout Co-op商品の広場事業の広場活動の広場サイトマップリンク