会津城イメージ1
会津城イメージ1
トップページへ移動 コープあいづについてへ移動 商品の広場へ移動 事業の広場へ移動 活動の広場へ移動 サイトマップへ移動 リンクへ移動 お問合せ
コープあいづトップページへ移動 ウェブ広報
ページトップへ↑
特集

 組合員の皆様、明けましておめでとうございます。新年はどのように過ごされておりますでしょうか?
 昨年アメリカのコネチカット州ニュータウンの小学校で起きた二十数人もの死者を出した銃乱射事件は本当に痛ま
しい事件でした。犠牲者の多くは幼稚園児でした。事件の凶暴さにただ震撼するばかりですが、幼い子供がまた犠牲になってしまったことに、心底、憤りを感じます。かつてはアメリカは自由の象徴のような国で憧れさえ持たれたことがありました。しかし今日のアメリカは病んでいるのが分かります。子供が安心して暮らせる国になって欲しいと願うものです。
 日本の子供の置かれている状況は如何でしょうか?銃の乱射事件は起きていませんが無差別殺傷事件が何度か起きた事は記憶に焼きついています。
 日本は少子化と高齢化が現在も進行中です。原因は勿論、子供を産む環境が壊れているからです。一人一人の子供が大事にされる社会は同時に大人世代でもそうでなければならないはずです。ここ10年来社会的、経済的な格差は益々開いています。年収一億円以上の方の収める税率はそれ以下の層よりも低いといわれています。証券取引税が10%に据え置かれている事が大きな原因と見られています。でも今度の選挙の結果がこういう事を是正する方向に働くのか監視する必要があります。
 江戸時代の名高い会津の藩主であり副将軍とまで言われた保科正之は明暦の江戸の大火の時に蔵米を持ち出した分それを与えるといって焼失を防ぎ庶民の飢えを防いだ話は有名です。がそれだけではなく、町方の者たちへは救助金として16万両を支出する命を下し、反対する幕閣たちに対し、「すべて官庫の貯蓄というものはかような時に下々に与え、士民を安堵させるためにある。千両箱をむざむざと積んでおくだけでは蓄えがないも同然だ―(中村彰彦「保科正之、民を救った天下の副将
軍)」といったといわれています。この事実を今の政権・政府はどんな思いで受け止めるのでしょうか?
 経済政策として弱肉強食の自由な競争社会を国策にするならば、敗者に対するセーフティーネットを整備するのは最低限必要な事です。ところが今政治がやろうとしている消費税は、子育て世代、高齢者、生活保護世帯、働く貧困層など社会的な弱い立場にある方たちの暮らす環境を破壊するものです。それだけではなく、農業と農村、医療制度を崩壊させるTPPの交渉参加を伺おうとしています。更に福島の教訓を省みず、再稼動をもくろみ原発を温存しようとしています。懲りない政治は続きそうです。
 事業面ですが、ベスタ店は組合員のくらしの防衛店として2009年に立ち上げました。今後益々その存在価値が高まるものと思います。
 宅配事業(共同購入)、は今後ともその役割は重要になってくると思われます。組合員へのニーズに応えながらより役立ち度を高めて行きたいと思います。
 コープ共済事業は「ずっとあい」が加わり、保障の内容も充実しました。給付時の迅速さは定評があります。たすけあいの輪をもっと広げていきます。
 旅行事業はいまや成長部門です。更に利用しやすい旅行事業にしていきます。
 今年は会津地域の本格的再興の年の出発の年にしたいものです。「八重の桜」のNHK放映をきっかけにして、会津の歴史、戊辰戦争の見直し論議は高まってくると思います。
今年も組合員と専従者の協同、連帯を強めくらし防衛の運動と事業を進めていきましょう。よろしくお願いします。

 今年は新中学生です。勉強と野球を頑張ります!友達を大事にしてゲームは少し少なくします。

 昨年は長男が生まれたので、家族全員が健康でいられるように頑張ります。

 あっという間に6回目の干支72歳です。2人で始まり、子3人孫4人まで繋がりました。昨年は4月(長男)6月(2女)と2人の孫が誕生し、3人の子供に子が出来ました。今年も家族6人全員無事安心が第一です!「足るを知る」気持ちを大切にしています。

 生協に入って5年目を迎えました。ベスタばんげのレジを担当しています。今年も頑張って組合員さんに喜ばれるお店にしたいと思います。お店で見かけたら。気軽に声を掛けて下さい。

 無事に4度目の年男としてのお正月を迎えることが出来ました。今年は家族みんなが健康で毎日笑顔で楽しく過ごせるようにしたいと思います。そして、ご飯を美味しく食べること、それがささやかですが、私の抱負です。

「何事も楽しみながら続けたい」 今年還暦を迎えます。仕事は農業をしています。農業には定年がありませんので、これからも体調に気をつけて、生協の共同購入などを上手に利用して楽しみながら、長く農業を続けることが今後の目標の一つです。

 第二回薬剤師国家試験に合格して早六十三年、現在も現役で自家製剤・薬局製剤専門の小さな薬局を営んでおります。今年も大好きなこの仕事を続けられ事に感謝しながら楽しく過していきたいと思っています。また、長年 太々神楽(会津美里町重要無形民族文化財)保存会の会員として伝統の舞を伝承しています。今年の春も伊佐須美神社にて「花祝祭」が行われる時に太鼓や笛の音色に合わせて舞を披露するかと思います。近くに来られた時にはどうぞ、お立ち寄りください。

 

ページトップへ↑

お知らせ

トピックス

第34回ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金報告書

 12月7日(日)午前10時〜午後3時、コープBESTAプラスとねがわで実施されました。
 当日は積雪20センチを記録する寒い1日でしたが、募金をして下さった方々の温かい心に触れて、身も心もポッカポッカ!楽しい募金活動となりました。午前中はコープあいづの組合員さんが中心で、午後は会津医療生協の組合員さんが中心となって活動しました。募金額は17,603円でした。なお、募金は全額、日本ユニセフ協会に贈られ、世界中の恵まれない子供たちのために使われます。ご協力ありがとうございました!

ベクレルモニター測定機の運用を開始しました!

 全国の生協のご支援により簡易放射線測定機(ベクレルモニター)を導入しました!設置店舗は、ひがし、ばんげ、とねがわ、にいでら、ほんまち、あいおいです。ご家庭でお食べになる食材の測定ができます。販売目的のための産品取扱いはいたしません。測定を希望される組合員さんは、事前にお電話でお申込み下さい!

 

内部被ばく検査に参加しました!

 現在、日本生協連の協力でコープあいづでも放射性物質摂取量調査(陰膳調査)が行われており、約20家族が参加しています。今回、より実質的な内部被ばく量を測定するため、陰膳調査を行った組合員の中から5名がホールボディカウンタによる検査に参加しました。測定は、石川郡ひらた中央病院の協力で12月20日(木)に行われました。
 検査の結果、参加者全員が異常なしとの判定をいただき、現時点では、参加した5名の内部被ばくについては安心できるレベルにあることが証明されました。宮崎先生によると、これまでの調査で、一般的に流通されている食材を使った食事を摂取した場合の内部被ばくは安心できるレベルにあるが、山野に自生するキノコや野生の猪などを食べた場合には注意が必要ですとの事でした。
 これからもコープあいづでは、簡易放射線測定機や放射性物質摂取量調査などを通じて、情報の発信と安心安全の確保に努めて参ります。

 

●大好きコープ商品!●

皆さんの「お気に入りコープ商品」を教えて下さい!
●あなたのお好きなコープ商品とその商品が好きな理由やレシピ、また、変わった使い方や工夫などがありましたら、ハガキでお寄せ下さい。生協の店舗、共同購入、広報誌についての感想などをご記入の上、下記の住所までお送り下さい。抽選の上、500円の商品券を進呈いたします。
【あて先】〒966-0818 喜多方市字二丁目4669-2
          生活協同組合コープあいづ広報委員会
          ? 0241(22)1041 ? 0241(24)3504
【〆切日】1月20日(日)まで。

コープあいづの現況

(2012年11月20日現在)
●組合員数……… 49,278人
(全会津世帯数比48.3%)
※5万人まであと722名です。
●班  数……… 4,185班
●班員数……… 10,890人
●出資金額… 13億6,133万円
●マイバスケット普及状況
26,038個(12月は75個です)
●牛乳パック回収状況
1990年1月〜2012年12月20日まで
376,850s(11月は674kg

編集後記

 第46回衆議院選民意決まる!自公政権奪還!民主惨敗!安倍内閣発足!の活字が新聞の一面に躍りました!投票結果を見ていて思いついたのは、「臥薪嘗胆」と「倦土重来」の四字熟語でした。どの言葉が何党に合うかは皆様におまかせです。
 庶民が政治に期待するのは、戦争は起こさない日本!普通に生活できる毎日!そのためには、過去の歴史に学ぶ、これからの与・野党の知恵に大きな期待をしたいですね、今度こそは!新春おめでとうございます。皆様のご多幸をお祈りいたします。

≪一退職主夫≫

ページトップへ↑
TOPAbout Co-op商品の広場事業の広場活動の広場サイトマップリンク