会津城イメージ1
会津城イメージ1
トップページへ移動 コープあいづについてへ移動 商品の広場へ移動 事業の広場へ移動 活動の広場へ移動 サイトマップへ移動 リンクへ移動 お問合せ
コープあいづトップページへ移動 ウェブ広報

 父の日の6月18日(日)、コープBESTAにいでら店のイートインスペースに於いて、親子ピザ作り教室『父の日に似顔絵ピザを作ろう!』を開催しました。9家族、24名が参加してピザ作りを楽しみました。
 親子ピザ作り教室は、子育て世代の利用者を増やし、地域のコミュニティーとしてのお店の存在価値を高めていくことが目的です。今年で3回目となりました。お母さんやお父さんと子どもを対象に、参加費は、ピザ1枚500円で実施しています。
 チーズの上には沢山のコーン、その上に野菜で顔のパーツ。髪の毛は焼そばで作り、メッセージカードも準備して、日頃の感謝の言葉を添えました。頑張って作ったピザは、食べるのがもったいないくらいの出来映えでした!
 参加した子供たちからは、「楽しかった!大好きなお父さんに喜んでもらいたいです!」「お父さんと早く一緒に食べたい!」と食べるのが待ちきれない様子。お母さんからは、「親子で楽しい時間が過ごせました。また参加したいです!」との感想が寄せられました。

ページトップへ↑
特集

 7月5日(水)~9日( 日)の5日間、喜多方市厚生会館に於いて「第23回 平和のための戦争展・喜多方」が開催されました。入場者は750名で、うち400名が小中高生。
 来場した子どもたちは、思い思いに貴重な展示品、遺品や資料に触れ、戦争の恐ろしさや平和の大切さを学びました。

特別企画報告

 午前の部として二人の方に講演をしていただきました。8日(土)は、山都町の斉藤輝雄(さいとうてるお)さん。三年連続のお話で、今年はご自身の体験を中心に伺う事が出来ました。歴史に埋もれようとしていた「山西省・日本軍残留事件」の輪郭がようやく見えてきました。
 9日(日)は、南京事件の研究者、いわきの小野賢二(おのけんじ)さんの事件の真相を深く追求したお話しがありました。小野さんも2回目ですが、前回は事件の概略だったのに対し、今回は、この事件から見えてくる様々な問題に言及して頂きました。会津の歩兵第65連隊生存者からの聞き取り調査と従軍日記の掘り起しなど、現在も実証資料を追求されています。
 午後の部は市内在住の加藤憲史(かとうのりふみ)さんによるオリジナル長編紙芝居二本を上演していただきました。8日(土)は、「辺野古のおばぁ、なぜ怒ってるの」9日(日)は「楢葉のおばあちゃんの願い」。ともに日本の未来を左右する問題を扱った、現代を学ぶ紙芝居作品です。「青い目の人形」紙芝居を加えて、「平和のための戦争展・喜多方」にふさわしい学習資料となっています。学校や公民館などちょっとした場所でいつでも上演することができます。
 戦争展実行委員会では来年に向けて企画を広く募集します。ぜひお寄せください。なお、お問い合わせは、コープあいづ本部 ☎22-1041 迄。

 

 7月10日(月)、共同購入センターを会場に講師に日本生協連東北支所・新田靖さんを迎え、50名の参加者で「コープのエシカル」学習会が開催されました。「エシカルの意味」と日本生協連の「エシカル消費に対応するCO・OP商品の取り組み」について分かり易く説明して頂きました。
 参加者からは、「ちょっと難しいテーマでしたが、買い物をする事が、くらしや社会を良くする活動に繋がると思うと、今日教わったマークをしっかりと見て買います!」「さすが、生協だなと思いました!」等、納得の声が聞かれました。

● エシカル商品とは?

 エシカルは「倫理的」という意味。エシカル商品とは、利用することで地域や環境、社会貢献が出来る商品のこと。CO・OPのエシカル商品は、人気の高い売れ筋商品を主体に開発されています。商品の良さ+エシカルな価値でより魅力がアップ!マークの付いた商品を売場で探してみましょう!

 
ページトップへ↑

 

お知らせ



2017年度・暮らしのたすけあいの会総会

 6月26日㈪ばんげ店組合員ホールにて第19回暮らしのたすけあいの会総会が開催されました。
 会員32名が参加し、2016年度活動報告、2017年度活動方針が審議され、承認されました。

ヒバクシャ国際署名の取り組み学習会

 7月6日㈭福島市のラコパふくしまに於いて、日生協推進本部・虫本正志氏を講師に今年度取組む署名活動「ヒバクシャ国際署名」の学習会が行われました。
 この署名は平均年齢が80歳を超えた被爆者が、後世の人々に自分たちが体験した生き地獄を体験させてはならないとの思いで核兵器廃絶を世界に呼びかける署名です。2020年予定のNPT再検討会議に向けてコープあいづでも活動を開始いたします。組合員の皆様のご協力をお願いいたします。

 

広報誌の感想や要望、あなたの“お気に入りのコープ商品”を教えて下さい!

 広報誌の感想やあなたのお好きなコープ商品とその商品が好きな理由やレシピ等を書いて、ハガキで下記の住所までお送り下さい。抽選の上、500円の商品券を進呈いたします。
【あて先】〒966-0818 喜多方市字二丁目4669-2
  生活協同組合コープあいづ本部広報委員会  担当/大竹
          ☎ 0241(22)1041 ℻ 0241(24)3504
【〆切日】8月末日まで。

理事会だより
第2回 定例理事会報告

諸経過報告・常勤理事会報告
① 6月度の供給高は前年比99.2%、計画比97.8%。店舗は前年比98.1%、計画比97.5%。宅配は前年比104.7%、計画比は99.7%でした。
②役員人事委員会からの答申
③長期運転資金借入承認
④規則・規定の改定
⑤その他

コープあいづの状況

(2017年6月20日現在)
●組合員数……… 50,042人
(全会津世帯数比48.8%)
●班  数……… 3,737班
●出資金額… 14億1,474万円
● 牛乳パック回収状況
1990年1月~2017年7月20日まで
427,388kg(7月は968kg)

 

編集後記

 今年は梅雨明け前から連日猛暑が続きヽ(´Д`;)ノ厳しい夏になりそうです。皆様熱中症には十分気を付けて下さい。今年も「平和のための戦争展」が開催され、多くの方に来場いただき、戦争の悲惨さを知ることを通して平和の大切さを学んでいただきました。
 最近の新聞に県内の小学生の「将来の夢」の第6番目に「平和な社会」が選ばれ、とても頼もしい事だと感心しました。今、政府は「戦争のできる国」に向けて体制を整えつつあります。絶対許してはいけないと思います。未来を担う子どもたちの夢「平和な社会」を残すためにはどうすれば良いのか、皆さん一緒に考え、行動しましょう! <T.Y>

ページトップへ↑
TOPAbout Co-op商品の広場事業の広場活動の広場サイトマップリンク